ヘルニアを何とかしたい・・・。

院長の鈴木です。

本日は
MRI検査でL4,5に神経を圧迫(ヘルニア)している診断をうけた患者様の事例。

ヘルニアMRI

画像を診てみると何と3箇所⁉︎

とくに、L4.5のヘルニアが大きいです。

「痛みを何とかしたい・・・」

リリカとロキソニンで痛みをコントロールされていましたが
投与後1ヶ月で薬が効か無くなり、当院に来院されました。

患者様 → 本当に治るんですか?

院長 → 治ります!

痛みは治ります。
出ちゃったものは引っ込みません・・・。

ヘルニアは椎間板の中にある髄核が突出して神経を圧迫
するもので、除圧しない限り痛みは続きます。

薬は、痛みの伝達を遮断するだけでヘルニアは引っ込みません。

では、どのような対処が良いかとすると、

まずは「痛みのゲートコントロール」

神経の出口に、HI-VOL通電し痛みの伝達を抑制します。

HI-VOL,腰痛

次に「血流改善」

高周波(ラジオ波)温熱療法で深部加温

ラジオ波温熱ヘルニア

ヘルニアはマッサージでは治りません。

手術をしないで何とか治したいなら、

薬物療法、物理療法、運動療法で治療するのがベストです。

とくに高周波(ラジオ波)温熱療法と運動療法をミックスする施術が

臨床上大変効果が出ています。

ヘルニア周辺を立体的に深部加温することで

痛みの抑制と血流改善が期待できます。

トライアルを含め5回の施術で疼痛緩和姿勢から

通常の姿勢で生活することができる様になったので

次回からは運動療法を行います。

整骨院 ホームページ制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。