脊柱管狭窄症 | 中目黒で期待に応える腰痛治療院といえば「中目黒クラール整骨院」

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

 

 

なぜ?辛い脊柱管狭窄症が
当院の施術で
こんなにも
改善されるのか?

 

 

こんなお悩みございませんか?

  • 5分も歩くと足の痛みと痺れで歩けなくなる
  • 立っていると、太もも裏がつっぱる、足も痺れてくる
  • しばらく前かがみで休むと痛みが楽になる
  • 飲み薬やブロック注射もまったく効かない
  • できれば手術はしたくない
  • もう何年も慢性的に腰が痛い…
  • テレビや雑誌でいいと言われる体操をやっているが効果がない
  • 病院、カイロ、整体、鍼灸院どこも完全には治してくれない

 

そのお悩み、私にお任せ下さい!

P1080351

当院にはこのようなお悩みでお困りの方が数多く来院され、改善されています。


脊柱管狭窄症で満足に歩けない…趣味や運動も楽しめないのは本当に辛いですよね。


一人で悩まずに、まずは当院にご相談下さい。必ずあなたのお力になれると思います。

 

 

症状が改善されたお客様の声です

大好きなスポーツに全力で打ち込めるまで回復しました

自分は腰痛に苦しんでおり、約4カ月もの間いくつかの接骨院や整形外科を転々とし、鍼灸・骨盤矯正・ブロック注射などの治療を受けてきました。しかし、よくなるどころか悪化することもあり「もう治らないのかな…」という思いすら抱くようになっていた頃、最後の頼みとしてこのクラール整骨院を訪れ鈴木先生の施術を受けました。するとみるみるうちに腰はよくなり、今では大好きなスポーツに全力で打ち込めるまで回復しました。丁寧な説明と経験に基づいた効果のある治療。数ある整骨院の中からクラール整骨院を選んでよかったです。本当にありがとうございました!!

 

 

なぜ?当院の施術で こんなにも
改善されるのか?

 

他で良くならなかった理由

病院で脊柱管狭窄症と診断されて、頑張ってリハビリにも通い、それでも効果がなく、整体・鍼灸・接骨院などに通院するも、なかなか腰の痛み・足の痛みやシビレが改善せずに将来に不安を抱えられているのだと思います。

手術しても治らない???

中には「最悪手術すればいいか」と思われている方もおられるかもしれませんが、脊柱管狭窄症は手術しても治るものではありません。実際に、脊柱管狭窄症の手術をしたのに、ぜんぜん足の痛みやシビレがとれない、又は一時期は良かったけど、また再発して満足に歩けない…と言って当院を訪ねて来られる方は多いです。

当院には、脊柱管狭窄症で病院や整体カイロ、その他様々なところに行ってから来院される方がほとんどです。

では、なぜ手術をしても、鎮痛剤を飲んでも、頑張ってリハビリや色んな治療院に通っていても、あなたの脊柱管狭窄症は改善しないのでしょうか? それは、脊柱管狭窄症の根本原因に対して正しいアプローチができていないからなのです。

脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症とは

脊柱管というのは背骨、椎間板、関節などで囲まれた脊髄神経が通るところです。

加齢や過度な労働、背骨への負担によって背骨や椎間板が変形したり、関節から突出した骨により神経の通り道である脊柱管が狭くなって(狭窄)、神経が圧迫されて発症します。

脊柱管狭窄症の大きな特徴としては、間歇性跛行(かんけつせいはこう)というものがあります。 これは、しばらく歩き続けていると足の痛みやシビレが出てきて歩けなくなり、少し腰を曲げて休んでいると症状が緩和してまた歩けるようになるというもの。

症状が悪化すると、両下肢に痛みやシビレが起こってきたり、筋力が低下したり、さらに重篤化すれば排尿障害や排便障害を認めることもあります。こうなれば選択の余地はなくすぐに手術になってしまいます。

脊柱管狭窄症は中高年の方に多いですが、必ずしも高齢になれば起こるというものではなく、それぞれの方がどれだけ背骨に負担をかけてきたかという部分が大きく、その根本的な原因を解決しない限りどこに行ってもなかなか改善しません。

脊柱管狭窄症

 

当院での改善法

あなたにあった最適な施術を見出します

どこに行っても「症状が改善しない」という患者様を診続けて、「どうしたら早く患者様の症状を和らげてあげられるんだろう?」と悩み続けました。整形外科、整骨院を渡り歩き延べ6万人の患者様を治療した経験から、独自の施術を考案し、今までの臨床経験から、各療法を患者様一人一人に最適な施術を見出します。

 

当院の施術法は?

1.インナーマッスル施術

インナーマッスル施術

2.超音波療法

超音波療法

3.キネシオテーピング療法

キネシオテーピング療法

4.骨盤矯正法

骨盤矯正法

5.ラジオ波温熱療法

ラジオ波温熱療法

6.立体動態波療法

立体動態波療法

インナーマッスル施術とは?

インナーマッスル施術

治療の基礎となります。
筋肉は体のどの部分でも、何層にも重なっています。ふつうのマッサージでは表面の筋肉しかほぐすことができません。
当院で行なうマッサージは筋肉の間をぬうように圧を入れていくことで奥の筋肉までアプローチします。
もちろん、施術中の痛みはありません。

超音波とは?

超音波

超音波とは人間の聞こえない周波数の音であり、医療においては診断と治療の両面で使用される世界で最もポピュラーな物理療法です。超音波療法はマイクロマッサージ効果および立体加温効果という二つの効果を持つ物理療法のひとつです。血行促進、たんぱく質合成促進および筋、腱、靭帯などに含まれるコラーゲン線 維の柔軟性を向上させる効果があります。痛みの緩和と損傷組織の早期回復、筋緊張の改善、関節可動域向上を目的とし、ケガや関節の痛み、スポーツ外傷など において幅広く使用されています。当院の超音波治療器は伊藤超短波の UST-770を導入しています。固くなった筋肉をいきなりマッサージするのは危険です!クラール式施術法は「超音波」で筋細胞を活性化させてから施術することにより痛みを感じることなく治療することが可能です。

キネシオテーピング療法とは?

キネシオテーピング療法

「キネシオテーピング法」は、自然療法のひとつです。
伸縮性のあるテープを痛いところや凝っているところなどに筋肉に沿って貼り、人間の自然治癒力を促進させ、障害を和らげたり治したりします。使用するテープは「キネシオテープ」といい、一定の伸縮性と体にフィットする粘着性があります。
伸縮率は筋肉(皮膚)と同じ30~40%に設計されており、別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれています。
また、通気性にも優れ、薬品も使用されていませんので、副作用やアレルギー、かぶれなどの心配も少なくなっています。
当院では、キネシオテーピング認定トレーナーが正しく施術致します。

骨盤矯正法とは?

骨盤矯正法

「骨盤と、それに関連する骨や筋肉を正常な状態に矯正すること。」これを「骨盤矯正」と、いいます。
骨盤とその関連部位が歪んでいると、新陳代謝やホルモンバランスが崩れ、 様々な体調不良が体をおそいます。
「骨盤とは、体のどの部分のこと?」
骨盤とは、大腿骨と脊柱の間で体を支える、強固に一体化した一群の骨部分のことをいいます。
つまり骨盤は身体の中心にある骨なので、腰椎をはじめ、様々な骨と連動し、 この骨盤と他の骨との関係が歪んだり、ズレたり、傾いたり、開いたり、などすると、 様々な体の不調が現れます。
そんな様々な体調不良を解消してくれると、話題になっているのが「骨盤矯正」です。

ラジオ波温熱療法とは?

ラジオ波温熱療法

ラジオ波治療は、細かい波形の高周波が身体の深部まで届いて体内の細胞や水分を震わせ、その摩擦で熱を発生させ、広い範囲に対して立体的に温めていくことができます。
他の機器と比べて加温が早く、とても心地よさを感じることができるのがラジオ波の特徴です。
また、治療後の持続性も非常に高く、ラジオ波の抵抗の高い所(痛み・負担のかかっている所)に、より熱が発生するという特性を生かして、痛みの出る動きや競技に合わせた動きをしながらラジオ波を流すことで血流を改善させ痛みを除去し、体質を改善していきます。
当院では、ソチオリンピックでも使用されたフィジオ「ラジオスティム」高周波治療器を導入しております。

立体動態波療法とは?

立体動態波療法

現在、世界で最も皮膚の上からのアプローチで身体の深部組織まで電流を到達させることが出来る電気刺激療法です。手技療法では不可能なインナーマッスル(深部筋)、深部の靭帯、関節内部へのアプローチが行えます。当院では、日本の物理療法のトップメーカーである 伊藤超短波のES-5000を導入しています。物理療法機器としては日本で初の厚生省新医療用具に認定されています。スポーツによるケガ(捻挫・打撲・肉離れなど)の早期回復・交通事故などによる首や肩の痛み改善・肩・腰・膝などの関節内部の痛み改善・インナーマッスル(深部筋)の損傷・痛み改善・しびれ症状改善・はれ・むくみ改善などに高い効果を発揮します。

  
施術料金のご案内
お問い合わせ
ネット予約
ネット予約
LINE予約のご案内
お問い合わせ
患者様の声

新着情報

 

  • 初めての方
  • 症例報告
  • 腰痛治療について
  • 体質改善について
  • イトー ES-5000
  • ラジオ波治療について
  • ラジオ波治療の効果
  • 交通事故治療
  • 施術の流れ
  • よくあるご質問
  • 診療時間のご案内
  • 院長ブログ

中目黒クラール整骨院

外観

東京都目黒区中目黒3-6-4
中目黒NNビル101

Tel: 03-6712-2977

» アクセスマップはこちら