腰痛治療について

あなたはもし腰痛になった場合何をしますか?
そして、どこに治療に行きますか?

こんな質問を一般の方にするとまずは湿布、マッサージ、ストレッチ、筋トレそんな言葉が返ってくると思います。
それらで治らなければクイックマッサージや整形外科、鍼灸、整体院などにいかれるのではないでしょうか?
厚生労働省の調査によると、腰痛持ちは全国で2,770万人(男性1,210万人、女性1,560万人)と推定しています。また年代としては60代が4割強と最も多く、50代は4割前後、70代は割合がさがる傾向にあるとされ、概ね人口の4人に1人が腰に悩みを持っており、まさに隠れた「国民病」といえます。
今後この数字は増加する可能性も十分あり得ます。
その中には腰痛の治療をしている人も沢山おられますが、いまひとつ効果を感じることが出来ずどんな治療をしていいか困っている腰痛難民という方が大勢おられます。

あなたが今まで治療してきた治療が正しいか認識していただきます。

 

間違った腰痛治療その1 マッサージ

腰痛治療の代表格といわれるのがマッサージです。治療のためのマッサージは筋肉、筋膜、靭帯の状態を診るもので決して強く押すことはいたしません。筋肉を強く揉むと治りそうな気がしますが、筋肉の細かな繊維を傷つけてしまい結果としてはもっとひどくなるケースもあります。
こんなことになっていませんか?
最初はやさしく揉まれても効いていた気がするけど年々きつく揉んでもらわないと効いた気がしない!
モアプッシュ。もっと強くしてほしいとお願いしている!
こうなるとマッサージ中毒状態です。
以前より強く揉んでもらわないと効いた気がしないというのは以前よりマッサージによって悪くされているせいです。
強く押せは効いたきがすると治る施術は別物です。

 

間違った腰痛治療その2 牽引治療

腰痛治療やヘルニア、脊柱管狭窄症で牽引療法をされたことある方も当院に多く来院されます。
しかし結果は・・・
「変化がない」「よく分からない」などの声をよく頂きます。
牽引療法では腰椎に牽引をかけることで改善を図るのが目的ですが、一般的な牽引療法は体全体が伸ばされれるだけで、治療しなければならない腰椎にアプローチされません。もしそんな治療で改善するのであれば重力のかかる日常生活で元通りに戻るでしょうし、筋肉を無理に引っ張ることでどうしても痛んだ筋肉は余計に緊張して縮まろうとしてしまい悪化してしまいます。

 

間違った腰痛治療その3 神経ブロック注射

腰痛治療のひとつにブロック注射があります。
神経に作用させて痛みの緩和や炎症をとる目的で行われますが、それは痛みに対する対処法でしかなく根本的に腰痛を改善させるものではありません。
薬がきけば一定の期間症状は治まりますが切れればまた元通り、それだけではなく注射によって神経を傷つけ痛みが増したという方もおられます。

 

間違った腰痛治療 その4 筋力

「腹筋」を鍛えると腰痛が治るというような内容の情報が飛び交っています。
漠然と「腹筋」を鍛えるのは間違いです。
筋肉は単体で動くのではなく、拮抗する筋肉や協調する筋肉があります。
「腹筋」が問題ではなく筋肉のバランスが乱れている事が腰痛の真の原因です。

 

間違った腰痛治療 その5 コルセット

腰痛でコルセットをされる方も多くおられます。
しかしそのコルセットにも使い方があります。
腰痛予防の為に、コルセットを長期間使用する方がいますが
それで筋肉を固めてしまい、その状態から改善させることが余計に難しくなってしまいます。
コルセットを長年つけてしまうと、腰を支える筋肉のほとんどがバランスが悪いまま筋力低下を起こし腰を正常な状態に保てなくなってしまいます。
適切な治療に加え、コルセットは短い期間の使用をお勧めいたします。

 

間違った腰痛治療について
「知っている!」という内容や「えっ!そうなの?」
というような内容ではないでしょうか。
世の中には他にも間違った対処法がいくつも蔓延しています。

正しい知識をもって腰痛を治療することが大切です!

当院では、「血流」「筋・筋膜」「癒着」「ゆがみ」を正す医学的根拠のある施術整体を
下記の療法で患者様一人一人に合わせた施術をおこなっております。

 

★腰痛治療を受けられた患者様の声もご参照ください
リンク先はこちら → 患者様の声

 

当院の腰痛治療

インナーマッスル施術

腰痛治療の基礎となります。 筋肉は体のどの部分でも、何層にも重なっています。ふつうのマッサージでは表面の筋肉しかほぐすことができません。 当院で行なうマッサージは筋肉の間をぬうように圧を入れていくことで奥の筋肉までアプローチします。 もちろん、施術中の痛みはありません。  

超音波療法

超音波とは人間の聞こえない周波数の音であり、医療においては診断と治療の両面で使用される世界で最もポピュラーな物理療法です。超音波療法はマイクロマッサージ効果および立体加温効果という二つの効果を持つ物理療法のひとつです。血行促進、たんぱく質合成促進および筋、腱、靭帯などに含まれるコラーゲン線 維の柔軟性を向上させる効果があります。痛みの緩和と損傷組織の早期回復、筋緊張の改善、関節可動域向上を目的とし、ケガや関節の痛み、スポーツ外傷など において幅広く使用されています。当院の超音波治療器は伊藤超短波の UST-770を導入しています。固くなった筋肉をいきなりマッサージするのは危険です!クラール式施術法は「超音波」で筋細胞を活性化させてから施術することにより痛みを感じることなく腰痛治療することが可能です。  

キネシオテーピング療法

「キネシオテーピング法」は、自然療法のひとつです。 伸縮性のあるテープを痛いところや凝っているところなどに筋肉に沿って貼り、人間の自然治癒力を促進させ、障害を和らげたり治したりします。使用するテープは「キネシオテープ」といい、一定の伸縮性と体にフィットする粘着性があります。 伸縮率は筋肉(皮膚)と同じ30~40%に設計されており、別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれています。 また、通気性にも優れ、薬品も使用されていませんので、副作用やアレルギー、かぶれなどの心配も少なくなっています。 当院では、キネシオテーピング認定トレーナーが正しく施術致します。  

骨盤矯正法

「骨盤と、それに関連する骨や筋肉を正常な状態に矯正すること。」これを「骨盤矯正」と、いいます。 骨盤とその関連部位が歪んでいると、新陳代謝やホルモンバランスが崩れ、 様々な体調不良が体をおそいます。 「骨盤とは、体のどの部分のこと?」 骨盤とは、大腿骨と脊柱の間で体を支える、強固に一体化した一群の骨部分のことをいいます。 つまり骨盤は身体の中心にある骨なので、腰椎をはじめ、様々な骨と連動し、 この骨盤と他の骨との関係が歪んだり、ズレたり、傾いたり、開いたり、などすると、 腰痛をはじめ様々な体の不調が現れます。 そんな様々な体調不良を解消してくれると、話題になっているのが「骨盤矯正」です。  

ラジオ波温熱療法

「ラジオ波治療は、細かい波形の高周波が身体の深部まで届いて体内の細胞や水分を震わせ、その摩擦で熱を発生させ、広い範囲に対して立体的に温めていくことができます。 他の機器と比べて加温が早く、とても心地よさを感じることができるのがラジオ波の特徴です。 また、治療後の持続性も非常に高く、ラジオ波の抵抗の高い所(痛み・負担のかかっている所)に、より熱が発生するという特性を生かして、痛みの出る動きや競技に合わせた動きをしながらラジオ波を流すことで血流を改善させ痛みを除去し、腰痛を改善していきます。 当院では、ソチオリンピックでも使用されたフィジオ「ラジオスティム」高周波治療器を導入しております。  

立体動態波療法

現在、世界で最も皮膚の上からのアプローチで身体の深部組織まで電流を到達させることが出来る電気刺激療法です。手技療法では不可能なインナーマッスル(深部筋)、深部の靭帯、関節内部へのアプローチが行えます。当院では、日本の物理療法のトップメーカーである 伊藤超短波のES-530を導入しています。物理療法機器としては日本で初の厚生省新医療用具に認定されています。腰痛をはじめ、スポーツによるケガ(捻挫・打撲・肉離れなど)の早期回復・交通事故などによる首や肩の痛み改善・肩・腰・膝などの関節内部の痛み改善・インナーマッスル(深部筋)の損傷・痛み改善・しびれ症状改善・はれ・むくみ改善などに高い効果を発揮します。  

各療法の動画はこちら

自宅で出来る腰痛治療について

自宅で出来るリハビリテーション(腰痛編)

LINEお友だち登録頂いた方限定
「自宅で出来るリハビリテーション(腰痛編)」
プレゼント致します。
腰痛治療に役立つ姿勢改善や筋トレ方法をまとめてみました。
お友だち登録後「リハ腰痛」とメッセージを送ってください。
後ほどお送りさせて頂きます。

 

LINE友だち追加

 

  
施術料金のご案内
お問い合わせ
ネット予約

整骨院 ホームページ制作