基礎体温を正しく測り不妊の原因を探る

不妊症の治療には、必ず基礎体温の測定を行います。

基礎体温をきちんと測定すれば、自分の身体の状態や月経リズムを知ることができる非常に強力な味方になってくれます。

今回はそんな基礎体温の測り方、基礎体温の重要性等についてご紹介させていただきます。

 

基礎体温とは?

基礎体温は、安静時(運動したりしていない状態)の体温のことを言います。

基礎体温には低温期と高温期があり、女性ホルモンバランスが整っている方は低温期と高温期がしっかり分かれています。

個人差はありますが、健康で平均的な女性の基礎体温は28周期からなっていて、月経が始まってから14日間は低温期となり、排卵日から14日間少し上昇して高温期となります。

 

基礎体温の正しい測り方

朝、目が覚めたらそのまま動かずに布団の中で検温します。体温計の先端部を舌下(下の裏側)の正しい位置に入れ、口を軽く閉じた状態で測定します

この際、体温計がずれてしまわないように指で固定するとより正確に測定ができます。

ポイントは、毎朝一定の時刻に測ることです。とはいえ遅く起きてしまう日があっても構いません。その場合も起床後に基礎体温を測って下さい。

なるべく体を起こさず、安静にした状態で測定することで、毎朝同じ条件で体温を測ることができます。

また、舌上だと口の乾き方などの条件によって体温にばらつきが出てしまうことがあるため、舌の下に体温計をいれることで安定して測定ができます。

ぜひ正確な基礎体温を測定し、毎日基礎体温表に記録していって下さい。

 

次のステップへ

ある一定の期間、基礎体温表をつけてみると、自分の身体の状態を知ることができます。

毎日続けることは大変ですが、原因を探る為にはこれがとても大切なのです。

当院でも、基礎体温表をお持ちいただければ、その記録を参考してお客様に合わせた施術方法をご提案いたします。

例えば基礎体温を活用することで、ラジオ波治療をベストのタイミングで実施することができますので、効果がでやすくなります

 

>>当院の不妊整体について詳しくはこちら

整骨院 ホームページ制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。