男性側に原因がある不妊症とは?

不妊症と聞くと、女性側の問題…と思っている人がまだ多いと思いますが、実は不妊の原因の半分は男性側にありますまた、男性側だけでなく、男性・女性どちらにも原因がある場合もあります。

不妊治療・検査を行う場合は、夫婦で検査や治療に取り組むことをおすすめします。

 

男性不妊とその原因

精液検査により精子の量と質が足りない場合、男性不妊とされます。

WHO基準では、1回の射精量が2ml以上、精液1mlあたりの精子数が千万以上、運動率50%以上、奇形率15%以下を満たしていないものを男性不妊としています。

男性不妊原因として一番多いのは「乏精子症」です。読んで字のごとく、精子の数が少ない状態です。自然妊娠には精子の数が4千万以上あることが理想的とされており、2千万を下回ると料が足りないと考えられます。

そのほかにも精液中に精子が観察できない「無精子症」や「ED(勃起障害)」など様々な原因で男性側に不妊症の問題がある場合があります

 

冷え性も要因の一つ

男性不妊の原因を作る要因の一つに男性の冷え性があります。

女性に比べ筋肉量が多く冷え性を感じる男性は非常に少ないと思いますが、自覚がないだけで男性の冷え性も少なくないのです。

暴飲暴食、夏の冷房、睡眠不足やストレスで自律神経が乱れることによって、体を冷やす原因となります。

冷えは血行不良となり、血流が悪いと全身の機能低下を起こさないとも限らず、生殖機能の低下にも繋がります。

 

男性不妊の検査方法

男性不妊の検査方法は、精液検査を行うことが多いです。精液中の精子の数や運動精子の数(運動率)を調べます。

他にも精巣機能(男性ホルモン)を調べる血液検査などもあります。

精液検査は、自宅で採液して持っていくのがほとんどですが、病院によっては病院で採液させることもあります。

 

治療方法

薬物治療や外科治療などを行う場合もありますが、切断や手術などの外科治療を行う前に、まずは冷え性などの体質改善を試してみてはいかがでしょうか?

当院ではラジオ波治療と整体を組み合わせ、冷え性などの体質の根本改善をサポートします。体質が改善すれば生殖機能も正常化し、精子の運動率・精子数が増える方も多いと言われています。

男性不妊も女性不妊も、中目黒クラール整骨院でまずは健康なカラダづくりから試してみませんか?

 

体質改善はこちらから↓

http://www.curarweb-youtuu.com/improvement.html

 

整骨院 ホームページ制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。