不妊症と冷え性の関係

中目黒クラール整骨院のブログにお越しいただきありがとうございます。

夏が過ぎて秋になり、夜間寒くなる日も増えてきました。

夜外出される際は、上着を1枚もっていくなど体を冷やさないようにすることをオススメします。

 

秋の冷え性に注意

秋の時期は特に体を冷やしやすい時期でもあります。

体が寒さにまだ慣れていないのもありますが、夏と同じように冷たい飲み物などを飲んでしまうことなども冷え性が進む原因として挙げられます。

早めに生活習慣や頭を切り替えて、冷え性改善にしっかり取り組みましょう。

 

冷えは万病のもと

「冷えは万病のもと」と言われているのをご存知でしょうか?

多くの日本人女性が冷え性で悩んでいますが、冷え性は色々な病気の原因になると言われています。

その理由は、体が冷えると血流が悪くなり、自律神経が乱れたり女性ホルモンバランスを崩しやすくなってしまうためです。

私達が普段風邪を引いた時には熱が出ます。

体温をあげることで体の臓器を活性化させ、免疫をあげて病気を治そうとします。

体が冷えているということはその逆、体温が低いことにより内臓がうまく働かなかったり、免疫が低い状態になってしまっているのです。

 

冷え性と不妊症

子宮や卵巣など、妊娠に必要な臓器は、骨盤に近い下の方の位置にあります。

冷え性では下半身が冷えている方が非常に多いため、骨盤周りの冷えや血流の滞りが子宮や卵巣の働きに影響しやすいと言われています。

子宮・卵巣への血流が滞り内臓の機能が低下すると、生理痛や生理不順になりやすく、卵子がうまく成熟しないことや排卵障害などの原因となり、不妊症を引き起こす場合があります。

 

医療用のラジオ波で根本的な体質改善を

もちろん冷え性だけが不妊症の原因となるわけではありません。不妊症にはさまざまな原因があるため、産婦人科・クリニックで検査を受けて、原因が明らかである時はその部分を治療するのも良いと思います。

冷え性を改善し、健康な体を維持することは不妊症のみならず安産、その他の症状の予防や改善にも非常に効果的であると考えています。

中目黒クラール整骨院では、骨盤矯正や不妊整体に加えて、ラジオ波を使った冷え性改善対策に取り組んでいます。

医療用の高出力ラジオ波を用いることで体の芯まで温め、対症療法ではない体質改善をサポートすることが大切だと考えています。

 

今なら「秋のメンテナンスキャンペーン」実施中 ↓
秋のメンテナンスキャンペーン

 

整骨院 ホームページ制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。