手のしびれの原因は?

腰痛の他に多い疾患として、「手のしびれ」を訴える患者様が最近多くなりました。

原因として、

  1. 神経の圧迫
  2. 血流障害
  3. 姿勢ストレス

このような症状が頚部に集中していると思われます。

頭部は成人で約5キロと大変重く、姿勢不良で神経や血管を圧迫し絞扼障害を起こします。

まずは、血流障害を改善するアプローチがまず第一に必要となります。

血流障害には「ラジオ波温熱療法」が活躍します。

手が届かない深層組織へ加療することにより、痛みやしびれを不活化します。

頚部へラジオ波温熱療法

第二に神経の癒着を剥がすことです。

赤い丸の様に手に続く神経はかなり狭いところから出ています。

デスクワークやお子さんのだっこ等、同じ姿勢や動作が続く

ことにより好発します。

癒着を剥がすには「特殊手技、超音波、ラジオ波」を使い施術します。

昔からしびれている場合、治療回数が必要なので、なるべく初期に処置することが重要です。

特に、今のシーズンはクーラーの風を首回りに直接当るなど、ネガティブな要因が

多くなるので、冷え対策を行うことが必須です。

整骨院 ホームページ制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。