クーラーに当たり過ぎたら「ラジオ波温熱療法」

院長の鈴木です。

クーラーの生活が当たり前な日々

例年に比べ気温が高めの天気予報が伝えられております。

ついついクーラーの温度を下げちゃいます・・・。

 

室温と外気温が15度温度差があると、ヒートショックと呼ばれる症状を引き起こします。

人間は、温度差の激しいところを出入りすると、体に大きな負担がかかります。

これにより脳梗塞・心筋梗塞を引き起こす可能性があるので注意が必要です!

 

さらに、「クーラー病」と言われる自律神経の乱れ

疲れがとれない、むくみ、腰痛、肩こり、生理不順や生理痛、免疫力の低下など

この季節、来院される患者様に多くみられる症状です。

 

デスクワークが多く体調を崩している方へ

 

まずは冷房病・冷え性対策することをオススメします。

  1. エアコンの設定温度は25~28℃を目安にする
  2. 部屋と外気との温度差を少なくする
  3. エアコンの風には直接当たらないようにする
  4. 服装で首筋から入る冷気を自衛する
  5. 温かい食べ物・飲み物をとる
  6. 適度な運動をし、血流の改善する
  7. シャワーより湯船に浸かる
  8. ストレスをためないようにする

それでもダメなら、”ラジオ波温熱療法”をお試しください!

 

夏なのに温熱療法するの?

 

とお思いですが、当院で施術するラジオ波温熱療法は夏場に需要が高まります。

 

体内温度を上げて「夏バテ」防止。

 

この時期、外気温と体内温度は相反するんです。

 

冷えて調子が悪いとお思いのあなた

いますぐ対処しましょう!!

 

腰痛解消

整骨院 ホームページ制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。