ヒートショックプロテインで体を活性化

おはようございます。院長の鈴木です。

「ヒートショックプロテイン」

聞いたことございますか?

ヒートショックプロテイン(HPS)とは
もともと人間の体内にある特殊なタンパク質で、温めると活性化され
細胞修復、新陳代謝、疼痛緩和、早期回復、機能向上、免疫向上など
いろいろな働きをしてくれるタンパク質の一つです。

実際にどうするかというと、
42度の加温で体温を38度に上げることがHPSを最も増加させると言われています。

なかなかここまで体温を上げるには難しいところ
ホットヨガ、サウナもいいですね。

当院はラジオ波を使って「ヒートショックプロテイン」を増やします!

深部加温をすることによって未知なる人間の機能が活性化されそうですね。

整骨院 ホームページ制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。